欧米で人気の結婚指輪のゴールドについて

日本で結婚指輪の素材として人気なのはダントツでプラチナと言われていますが、欧米ではゴールドが1番人気があると言われています。

ゴールドの中でもいろいろ種類があり、「イエローゴールド」と呼ばれる黄色がかったゴールドは腐食しにくく「悪魔から身を守る」とされていて特に人気が高いようです。

白色がかったゴールドで、見た目はプラチナと変わらなくてプラチナよりも安値ですむと言われる「ホワイトゴールド」は、日本でも人気の素材です。

純金に銀とパラジウムを混ぜることで白味がかった金が作れるのですが、イエローゴールドに比べると比重が重くなるのでゴールドの素材の中では高価になると言われていて、安値にするためにニッケルなど混ぜてあるものもあり、そのようなものですと金属アレルギーを引き起こす原因にもなると言われているので注意が必要です。

もう1つ、日本でも人気の高いゴールドといえばかわいらしいピンクがかった「ピンクゴールド」がありますが、非常に加工が困難とも言われているので、ピンクゴールドでジュエリーを作りたい場合には、自分が信用でき高い技術力があるお店や工房にお願いする方が良いと言われています。

ピンクゴールドと同じ素材で割合を変えるとできるのが「グリーンゴールド」で緑がかった不思議な魅力があります。