結婚指輪をはめるということ

一般的に、結婚をした夫婦が、夫から妻へ、妻から夫へと、お互いに1つづつ交換し「2人がひとつになる象徴」としてはめている指輪のことを、結婚指輪と言い、最近では「マリッジリング」という言い方をする人も多いようです。

日本では夫、妻の両者ともに左手の薬指につけられることが多いですが、それは左手の薬指には「聖なる誓い」という意味が込められているためと言われています。

と言っても、外国などでは右手にはめることもあると言われていて、宗教などによっても違いが見られることがありますし、最近では日本でも指輪に慣れていない人や、仕事上の理由などによって指輪をつけない人や、首から紐を下げ、そこに指輪をつけている人などもいるようで個人によって様々と言えます。

日本において、結婚指輪を交換したり、はめたりする習慣が現在のように浸透してきたのは、戦後、ヨーロッパやアメリカの文化が私たちの生活の中に入ってきて馴染んできてから後のこと、と言われていて、実際に結婚指輪をつけて生活する人が増え始めたのは、昭和40年頃からではないかと言われています。

最近では以前にくらべ、種類やデザインなどが多様化し、有名ブランドなどによる結婚指輪も増え、2人に合ったものを多くの中から選ぶことができるようになりました。
⇒◎1点物なら杢目金屋へ