結婚指輪の素材として人気の高いプラチナ

日本で、結婚指輪を作る際、飛びぬけて人気の素材がプラチナと言われています。

プラチナは宝飾品として使用されることが多く銀白色で美しい貴金属で、「白金」とも呼ばれています。

色が変わったり、変質するということがほとんどなく、耐久性もあるので、日本の女性からは特に人気があると言われていて、世界で宝飾品として使用されているプラチナの4分の1が日本で使用されているとも言われています。

日本の女性から人気がある理由として、その色彩にイメージされる純粋な感じや、希少価値に加えて、その耐久性にあらわされている不変性が、美しさを維持できる「永遠」というイメージをもたらしているためと言われています。

プラチナの純度をは、プラチナの元素記号である「Pt」というアルファベットの後ろに、三ケタの数字900や950などと組み合わされ表記され、例えば「Pt950」ですと、純プラチナが含まれている量が95パーセントであることを示しています。

純プラチナの量が全体の85パーセントから100パーセント含まれているものが、一般的には「プラチナ」と呼ばれていて、宝飾品においても、この範囲内のものに対して「プラチナ製」と呼んでいるようです。